• ホーム
  • 近年増える勃起不全の主な原因

近年増える勃起不全の主な原因

2019年09月30日
薬を飲む男性

近年増える勃起不全の原因がストレスです。
大きなストレスを抱えるようになると、ペニスが思うように反応しなくなります。
性的興奮を覚えても、半立ち状態のままなのです。
男性は意外にもメンタルが弱く、些細なことを気にしてしまう傾向があります。
ペニスのコンプレックスを指摘されるだけで、勃起不全になることは少なくありません。
日本人の多くは、自分のペニスは周りよりも小さいと感じていますが、実際には平均サイズの方もそのように感じています。
根拠のない数値に騙されて、自分のペニスは小さいと感じてショックを受けて、思うように立たなくなる方もいます。
包茎に関しても同じく、仮性包茎にも関わらず深刻に悩んでいる男性は多いのです。
仮性包茎に関しては、日本人の6~7割に見られる症状であり、特に治療の必要性はありません。
性行為のときに包皮をむいて臨めば、何の問題もないのです。
間違った情報を信用し、ペニスにコンプレックスを持つことはよくないことです。
心因性の勃起不全は近年増え続けており、その背景には間違った情報を信用してしまうことがあります。

生活習慣の乱れによる勃起不全も依然として多いです。
仕事が忙しい方ほど生活リズムが崩れてしまい、体調の悪化からペニスの元気もなくしてしまうのです。
ペニスとは自分の分身のようなものであり、不健康になるとペニスの立ちも悪くなります。
勃起不全には加齢による症状も多いですが、生活習慣の乱れも大いに関係しています。
特に関連性が高いのは、肥満を筆頭として糖尿病、高血圧、高脂血症などです。
血管に関わる症状は、すべて勃起不全を促すと考えていいでしょう。
食生活を見直して、血流を改善していく対策も必要です。